紙わらべの蔵 コンサート

  • 2006/07/13(木) 17:57:02

今日は、富士河口湖町勝山の新たな観光スポット「紙わらべの蔵」のオープンでした。
「紙わらべの蔵」には、高木栄子先生の和紙人形の世界が展示されています。
高木先生は、NHK文化センター講師や、紙わらべの会の主宰もなさっています。
先生の作品は、昔懐かしい伝承遊びの風景や、四季折々の風物詩、昔話・童謡の世界などが、
本当に細やかに、鮮やかに、表現されています。
そして、その全ての作品から、温かさや優しさがあふれています。
和紙からこんなに素晴らしい世界が広がるなんて、先生はどんな魔法をかけているんでしょうか…

高木先生とは、昨年12月に初めてお目にかかりました。
今日は、オープン式典で、先生の作品テーマになっている童謡の中から8曲を歌わせて頂きました。
とても光栄で、嬉しかったです。お客様も、先生の作品を目に浮かべながら、歌を聴いて下さったようです。今日は私も紙わらべになった気分で、着物で歌いました。(写真クリック)

明日(7月14日)から、一般公開となりますので、皆様ぜひぜひ、お立ち寄り下さい。
本当にお勧めです。一度ご覧頂ければ、誰もが魅了されるでしょう。
場所:〈道の駅かつやま〉隣り  入場:600円