日本保育学会

  • 2007/05/21(月) 00:44:52

19・20日と「第60回日本保育学会」に行ってきました。
今年は埼玉県新座にある『十文字学園』で開催されました。
昨年は北海道、来年は名古屋だそうです。私は初参加。近くてよかった〜。

保育においての様々な分野からの研究発表がありましたが、
私は、「音楽」に的を絞って、教室を移動していました。
保育者養成校においての音楽の指導について、子どもの歌唱・声について、
保育者の歌唱指導力について、園で歌われる童謡について・・・。
本当に色んな側面からのアプローチで、よりよい保育、よりよい保育者の育成のために、
たくさんの教授・研究者の先生方が日々研究なさっている事に大きな刺激を受けました。

また、2日目の昼には、「NHKおかあさんといっしょ」の5・6代目おねえさんによる
『おしゃべりコンサート』もありました。
中川順子さんと、片桐和子さん。ご自分で「童謡界の今いくよくるよ」とおっしゃていましたが、まさにその通りで笑えました。
学生の皆さんと一緒に歌った「クラリネットをこわしちゃった」「アイアイ」が印象的です。




音楽以外にも、「子どもの生活の危機」についてのシンポジウム会場に行き、
現代の子ども達の“食”と“睡眠”という、人としての基本的な生活の部分が、
乱れ、軽視されている事、またそれに対して大人が危機を感じていないと言う現実についての討論会を聞きました。

『全ての子どもが、幸せに豊かな日々を送れますように。
大切な子ども達が一人でも、大人の勝手な都合の犠牲になる事がありませんように』