童謡祭に出演しました。

  • 2007/09/09(日) 03:28:53

今日(8日)は「第30回 童謡祭・新作展」でした。
これは(社)日本童謡協会が主催となって、1年に1度開催されているコンサートです。
協会会員の作詞・作曲家による今年の新作童謡を、童謡歌手が演奏するのです。
初めて出演した昨年は、とにかくわけがわからず、やたらと緊張して、混乱して、
不安いっぱいのままステージに立ったのを覚えています。
今年は、それに比べれば落ち着いて出来ました。
ただ、作詞作曲家の前で、その方たちの作品を歌うのはやっぱり緊張します。
それから、この童謡祭のお客様は雰囲気からして大の童謡好き!と言うのが伝わってきます。
だからこそ、視線が熱いと言うか、聴く方も一生懸命なんですね。
私は「夢を食べるバクさん」「くもがいく」「またきてね」を演奏させて頂きました。
作詞作曲家の方、素敵な作品をありがとうございました。

普段コンサートをするときは、割と一人でステージに立ったり、多くても4人くらいですが、
童謡祭は、童謡歌手が勢ぞろいするので、迫力もあり、私の緊張感も増します(汗)
でも、舞台裏やリハ室はかなり賑やかで楽しかったです。
何てったって、12時から1時過ぎまでリハーサルをして、本番は6時からでしたから、
待ち時間は、おしゃべりタイムでした。
他の先輩歌手の方々といろいろお話できるのは、コンサートの楽しみの一つ。
終演後の打ち上げにも参加して、一日があっという間に過ぎました。
皆さんお疲れ様でした。

あ、もうこんな時間。寝まーす☆