初体験!?

  • 2008/09/13(土) 22:59:10

今日は、川口リリアで「ユーゲントアルベルネコール(←合唱団の名前)」の第46回演奏会でした。
15名の小さな合唱団ですが、完成度は素晴らしい!
私は、ラター作曲『レクイエム』のソプラノソリストを努めさせて頂きました。
今まで、ソリストの方の背中を見ながら、合唱団の一員として歌うことはありましたが、
まさか自分がソリストとして歌えるなんて、思い描いた事もなかったです。
ドキドキしたけど、とっても綺麗な曲で、それをまた合唱団の皆さんが絶妙に歌うので、
私はせめて“その流れを崩さないように!!!”・・・と、思いながら歌いました。
指揮の中村先生がリハーサルで
「土屋さんの一番いい声を響かせてください。天から降りてくるように歌って下さい」とアドバイスを下さったので、
本番は、あまりゴチャゴチャ考えず、それだけを意識して歌いました。
素晴らしい経験をありがとうございましたー!!
団員の皆さんは、とっても音楽を愛しているのが伝わってきました。
素敵なことです♪


この3日連続で喉を酷使しました。
ちょっと喉を休めたい・・・。

あ〜りがとぉ〜♪

  • 2008/09/13(土) 02:52:38

11日、市ヶ谷での「ほっとコンサート」が無事に終了しました。
ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました。
平日の夜と言うことで、お仕事を急いで終わらせて(切り上げて?)駆けつけて下さった方も多かったようです。
本当に本当にありがとうございました!!
ルーテル市ヶ谷の会場はお客様でいっぱい、私の心は感謝でいっぱい。
たくさんのお客さんが、ニコニコしながら、1曲1曲に聴き入って下さって、
私たちも、それに応えたいという気持ちで、気持ちを込めて演奏しました。
ただ・・・7日の都留市での「ほっとコンサート」が終わった翌日に、
上唇の裏側に出来た口内炎が痛くて痛くて・・・。
本番中、喋ったり歌ったりするのに、実はほんの少し気になっていましたが、
ちゃんと口が動かせてよかったです(笑)
風邪には十分気をつけましたが、口内炎には注意が浅かったみたい。

それにしても・・・
いちむじんのギターで歌うのは、最高に気持ちがいい!
何てったって二人の愛されるキャラクターがいい!
佳ちゃんのピアノで歌うのは、自分の後ろでピアノが鳴っていると言うことを忘れるくらいの一体感があって、
まるで自分一人で歌っているような感覚になる程!
佳ちゃんの音色は、実際弾いているピアノより何ランクも上のピアノの音色に聴こえるからスゴイ!

あの2時間、自分が一番楽しめたのかもしれません。
結構、自己満足の世界・・・かも(笑) スミマセン。

本番が終わって、来て下さったお客様を見送りながら、「ありがとう」のご挨拶をたくさんしました。
お客様が、大切な時間を割いて、会場に足を運んで、最後までお付き合い下さって、
そして、たくさんの拍手を下さる事に、私はいつもとっても恐縮しているのです。
前にも書いたけど、私が歌っている歌声は、
お客様のお腹を満たす事もなければ、
何か便利に役立つものでもないし、
瞬間瞬間で音として響いては消えていくもので、
ずっと飾っておける綺麗な絵とも違う。
ただメロディに乗せて、言葉(もちろん情感も)を歌うだけなのに、
みんながこうして聴きにきてくれる。
なんだか、申し訳なくなっちゃうんです・・・。

でもでもでも、昨日はお客様から「ありがとう」って、たくさん言ってもらえて、本当に嬉しかったです。
私はいつも、歌を歌って、それを聴いてもらったことに感謝して、
そして聴衆には、自分の歌をよかった・悪かったと、
評価される立場だと思っていたのに、(音楽家はそう言う運命!?)
昨日はお客さんが「ありがとう」って言ってくれました。
「大切な父や母を思い出させてくれてありがとう」とか、
「朗読によって、改めて唱歌の良さに気づかせてくれてありがとう」とか、
「コンサートに呼んでくれてありがとう」とか、
「好きな曲を歌ってくれてありがとう」とか、
「演奏中、自分の方を見てくれてありがとう(笑)」とか。
こんなに嬉しいことはないです!
頑張ってよかった。そして、次回はもっといい音楽を!と、誓います♪
本当にありがとうございました!
お手伝いして下さった方、主催のエイトSP.ワークスの皆さま、
その他、私の知らないところでもたくさんのお力添えを頂いたのだと思います。
心から感謝しております。


さて、明日(13日)は、川口リリアで合唱団の演奏会にゲスト出演します。
初めて合唱団をバックにソリストを努めさせて頂きます!
どきどき☆
声、出るかなぁ。早く寝なきゃ〜!きゃ〜!


市ヶ谷のコンサートが終わって、全身痛いです・・・。(泣)