明日は休み♪

  • 2010/05/30(日) 01:56:01

おとといは自由が丘でのレッスン、
昨日は自宅でのレッスンが続きました。

そして今日(29日)は山梨県石和温泉郷にある「ホテル千石」で歌ってきました。

歌っている途中、山梨県知事の横内さんが登場しました!
そして座って、歌を聴いてくださいました。


このところ、幼稚園でのコンサートが連続していたので、
“子ども向けの童謡”を多く歌っていましたが、
今日は“唱歌や昔からの童謡”で、落ち着いたプログラム。
全体の雰囲気も、演奏の間のトークも、子ども向けと大人向けではかなり異なりますね。

本当は、子どもも大人も同じ童謡を楽しめるようになってほしいです。
・・・と言うより、子どもたちにも昔からある童謡に親しんで欲しいです。
アニメの歌や最近の派手な歌ばかりじゃなく・・・。

なので私は、子ども向けのコンサートでも、
あえて伝統的な童謡をプログラムに加えるようにしています。

世代を越えて歌える歌が一曲でも多く残りますように!!!


明日は20日ぶりにお休み〜♪
あ〜、身体も頭も心も休めたい!!

今年はないと思っていたけど・・・

  • 2010/05/28(金) 21:20:25

河口湖ハーブフェスティバルでの「土屋朱帆童謡コンサート」、
今年は2日間だけ出演することに、急遽決まりました!

7月9日(金)20:00〜20:30
7月10日(土)11:00〜11:30
7月10日(土)13:00〜13:30

この3ステージです。
歌:土屋朱帆/ピアノ:本定佳子

いつものところです。河口湖・八木崎公園特設テント内です。
無料で、どなたでも入場自由です。

富士山と湖をバックに咲き誇るラベンダーがお待ちしています!

みんなでうたうかい、終了

  • 2010/05/25(火) 20:36:33

童謡歌唱コンクール関連のイベント『みんなでうたうかい』、私の出演する4ヶ所の公演が本日終了しました。
17日は、札幌のインターナショナル山の手幼稚園。
20日は、福岡のアソカ幼稚園。
24日は、横浜のフレンド幼稚園。
25日は、茨城のフレンド幼稚園。

写真は、福岡のアソカ幼稚園です。



↑「イエーイ!!!」と大絶叫!
各園のこどもたちの歌声や、一生懸命聴いてくれていた姿が印象的です。

各日、早朝からの移動もさっちゃん(ピアニスト)と二人で乗り切りました。
※毎回車を出してくださったO野さんのお陰です。

テレビ朝日、しゅくみねっと、日本童謡協会、共同広告、公文式の皆さん、お疲れ様でした。
一緒に「イエーイ!」と盛り上げてくださってありがとうございました。
ゆうこちゃんの公演が終わったら、絶対打ち上げしましょうね♪

本日のフレンド幼稚園では、“動物の歌シリーズ”の時、
「ぞうさんうたって〜」と可愛いリクエストがありました☆
初めての展開でしたが、もちろん歌いましたよ。
突然だったけど、さっちゃんがノー楽譜で弾いてくれて助かりました。
さすがでした!

午後から短大授業があるため、急いで牛久→十条へ移動している時、
日暮里で乗り換えるはずが、眠ってしまって終点の上野まで・・・。
焦りました〜。。。
授業10分前に学校到着で間に合いました!汗。

おかえりなさい、思い出の故郷を訪ねる旅

  • 2010/05/25(火) 20:22:15

21日〜23日は、関東山都会のみなさんに同行させて頂き、熊本にいました。
関東山都会というのは、熊本県山都町出身で、現在は関東にお住まいの方々による会です。

私は「山都町賛歌」を歌わせて頂いていて、CDにもなっています。
この歌は山都町の無線(町内の各家庭にあるラジオみたいなもの)で、1ヶ月間朝昼晩と流れたそうです。
この歌を、山都町で披露するために私も呼んで頂いたわけです。

山都町の議会の方々や地元の名士の方々との交流懇談会で、“生”山都町賛歌を歌いました。
それにしても、素晴らしくよく出来たご当地ソングです!

歌詞をご紹介しちゃいます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
通潤橋のしぶきの水は 豊かだね
五老ヶ滝も迎えてくれて うれしいね
大きな虹が二つをつなぐ
綺麗な絵巻 山都町

清和文楽その名も高く よかったね
旅の一座が一粒蒔いた 歴史だね
こころの憩い里人たちの
文化の絵巻 山都町

蘇陽の森がキャンプを招く 涼しいね
花の高千穂 山なみ続く パノラマね
山水永久に 親しみ学ぶ
自然の絵巻 山都町

作詞:右山 昌一郎
作曲:片山 和代
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


通潤橋。橋の上を歩く人が見えますかー?


五老ヶ滝。こう見えて高さ48メートルの滝。通潤橋のすぐ裏側にあります。


清和文楽。浄瑠璃人形劇のこと。


高千穂峡。3回目でしたが、何度見ても雄大。


バスからの景色はほとんどがこんな感じ。

熊本県と言えば、熊本城や阿蘇が有名ですが、ぜひ今度は山都町を訪れて見て下さい。
「田舎に泊まろう」気分が味わえるところです!?

♪山都町賛歌を覚えてから・・・と言う方には、ご指導致しますよ!

おまけ↓

桜コロッケ。

折り返し地点!?

  • 2010/05/19(水) 21:49:00

今日もよく働きました。
先週の月曜からノンストップで、今日は何日目だ?(10日目)
あと何日だ?(あと10日)

・・・泣。

もちろん、うれし泣きです!


さぁ〜て、明日(20日)は福岡です♪
「アソカ幼稚園」で『みんなでうたうかい』です。
3時半起き! 前回の札幌より30分遅い、笑。
福岡の子どもたちは、どんな歌声を聴かせてくれるか楽しみです!

『みんなでうたうかい』チームは例のごとく慌しく日帰りですが、
私はそのまま一人で熊本へ移動し、21〜23日は山都町ふるさとツアーの同行です。
♪山都町賛歌、何度歌えるかな?

九州はもう暑いのかな?
晴れるといいなぁ〜!!!

滞在時間、6時間半・・・

  • 2010/05/17(月) 20:07:16

昨夜寝たのは、午前1時。
起きたのは、午前3時。
朝4時出発で向かったのは・・・札幌!

羽田空港に向かう途中レインボーブリッジからの朝焼け。
早起きしてよかったと思える瞬間。
ほんっっっとに綺麗でした。

この写真では、その綺麗さが1%くらいしか伝わらないのが残念。

さて、今日は童謡歌唱コンクール関連イベント『みんなでうたうかい』でした。
私とさっちゃん(ピアノ)、制作会社の方、童謡協会の方、カメラマンさん、テレビ朝日の方、広告代理店の方など、
8名で、札幌市内にある「インターナショナル山の手幼稚園」を訪れました。


おはようございまーす!!!


玄関の壁画も、インターナショナル。


ここが会場となります。


まず始めは、園のお友達がクラスごとに1曲ずつ歌ってくれました。
その後は、私のコンサートタイム♪
30分プログラムで、子どもたちと一緒に楽しい時間でした。



終わってからは時間がないので、超特急で着替え。
園のお友達がたくさん話しかけてくれているのに、後ろ髪をひかれながらバイバイ。
北海道での、滞在時間は6時間半。。。
もっとゆっくりしていたかったけど、早々に帰ってきました。
朝焼けに続き、夕焼けも東京で見れちゃいました、汗。

木曜は福岡の幼稚園のお友達に会いにいきまーす!

自由が丘でのレッスン♪

  • 2010/05/16(日) 23:50:02



気持ちのいい青空の日が続いていて嬉しい〜。
太陽からたくさんのパワーをもらって、
今日も一日頑張ることができました。


自由が丘でのレッスンも3ヶ月となり、少し慣れてきました。
全くの初心者の方にレッスンすることは、けっこう難しいものです。
でも、自分が日頃、無意識にやっていることを改めて見つめ直すことができるのと、
いかにわかりやすく、そしてスマートに伝えるかを考える機会となっています。
今日は12〜17時まででした。
歌はいいなぁ。心に優しい。


さて・・・明日は、朝3時に起きて、4時に家を出ます!
あと3時間後に起きる!?
行き先は???
それは、また明日書きまーす!

4週間ぶり・・・

  • 2010/05/16(日) 01:15:07

今日は、新宿のとあるホテルで行われた結婚披露宴で歌ってきました。

気付けば、前回の本番から4週間も空いていて、
そのせいか、今日は歌う前、なんだかすごく緊張しました。
それと、ちょっと歌えない期間もあったせいもあるかなー。
継続した積み重ねの練習が、本番での自信につながることを改めて実感。


披露宴では、祝辞・祝電の後、乾杯の前に時間を設けていただきました。
とっても見晴らしのいい最高階のフロア。
歌の中で「あの雲〜」という部分があって、
まさにふと窓の外に目に向けると、
真っ青な空にモクモク雲が浮かんで、ぴったりな景色でした。

やっぱり、歌はその情景の中で歌うと、気持ちもひとしお。

新郎・新婦さんのとっても幸せそうな顔が印象的です。
私も、お二人の大切な日に歌わせていただく事ができ、嬉しかったです。




夕方からは、自宅でパーティしました。
4人のお友達が遊びに来てくれて、あれこれお料理を作っておもてなししました。
楽しかったー♪

明日は、自由が丘でレッスンです♪

人生のステージ!

  • 2010/05/15(土) 01:36:13

誰もが、輝いた人生を送りたい。

輝く人生を送るためには、自分に相応しい(人生の)ステージに立つこと。

・・・なのかな。

自分にふさわしいステージを見つけることが、輝くことへの道。

自分の力以下でも以上でもなく、自分の力に合ったステージ。

(少しくらい上の方がいいかな?)

自分の生きがいを感じられる、自分らしくいられるステージ。



やがて、そのライトに慣れてくると、

ついつい別のステージに立ってみたくなることもあるけれど、

そのステージが自分の持つ意義や本質に副っているかをよく見極めてから。

今立っているステージで、まだやれることはないかな。

そのステージで、もっと明るいスポットライトを浴びることもいいかもしれない。

そのステージを全うする。



でも、人はあえて別のステージに登り、力足らずの自分に鞭打って、

そのステージで輝きたいとスポットライトの周りで順番を待つこともある。

・・・のかな。

ニヤリ。

  • 2010/05/13(木) 22:57:22

「今日の音楽の先生、歌が上手で、うたのお姉さんみたいだったよねー!」って。
短大からの帰り道、私の後ろから聞こえてきた会話。

もしかして・・・と思って、
「私のこと?」って振り向いたら、その子たち、すごくビックリして、大ウケ。
驚かせるつもりはなかったのだけど。。。

私が授業をした学生さんの会話だった。
私がいると知らずにしていた素の会話で、そんなふうに言ってもらえて、
なんだかとっても嬉しかった〜。

というか私、一応「うたのお姉さん」ですから!!

授業でも、コンサート並に歌います!
いや、そこまでじゃないか、汗。
その一歩手前くらいかな。

歌を歌う時は、相手が誰であろうと、授業だろうと、
ついつい自分の意識は“コンサートタイム”になってしまう。
これは、歌手のさが・・・!?


よし、今日は「アイスクリームのうた」も歌ったことだし、アイスを食べよう!

♪おとぎ話の王女でも、昔はとても食べられないっ!アイスクリーム〜、アイスックッリーム〜♪
♪私は王女ではないけれど、アイスクリームを召し上がる〜♪
♪スプーンですくってピチャッチャッチャ、
舌にのせるとトーントロン、喉を音楽隊が通りまっすぅ〜♪
♪プカプ〜カドンドン冷たいね、ルラル〜ラル〜ラ甘いね、
チ〜タカタッタッタ美味しいね、アイスクリームは楽しいね♪