ありがとうクニマス

  • 2011/04/15(金) 16:02:46

昨年末の「クニマス」のニュースをご存知ですか?

絶滅扱いになっていた日本固有の魚クニマスが、
約70年ぶりに生き残っていたことが、確認されました。

クニマスはもともと、秋田県の田沢湖にのみ生息する固有種で、
成長すると全長30センチほどになる淡水魚。
しかし1940年以降、発電などのための導水工事で
田沢湖に酸性の水が入り、まもなく死滅。
地球上から姿を消したと考えられていたそうです。

そのクニマスの生息が確認されたのは
富士山に近い山梨県の富士五湖の一つ、西湖(さいこ)。

田沢湖で絶滅する5年ほど前、
放流用にクニマスの卵が10万粒、西湖に運ばれた記録があり、
このとき放流されたものが繁殖を繰り返し、
命をつないできたとみられています。

こんなニュースをうけて、山梨県の作詩家竹内秀秋さんが
クニマスの歌をお書きになりました。
そして3月、竹内先生からお電話を頂き
「クニマスの歌をつくったから朱帆さん歌ってみて」と。

それで出来たこのCD。「ありがとうクニマス」

まだ、PR用の簡単な録音ととりあえずのジャケットです。
今後、これを県や、富士河口湖町にPRしていくそうです。

クニマスを通して、秋田の田沢湖とのご縁を感じます。
発見に一役買ったさかなくんも、天皇陛下から名指しでお褒めの言葉を頂いて
「ギョギョギョー」と大喜びでした。

さかなくんは、本当にさかなが大好きなんですね♪

エアコン

  • 2011/04/15(金) 15:08:19

電車内のアナウンス。
つい一週間か10日前は「節電のため暖房をとめています」
そして今日は「節電のため冷房をとめています」

電車内がこんなに一年中空調をつけているとは気がつかなかったです。
ちょっと寒いとすぐ暖房、ちょっと暑いとすぐ冷房だったんだ、今までは。

そう考えると、ちょうどいい気温ってなかなかないものですね。
今はどこも、多少の寒さや暑さでエアコンはつけないけれど、
冷房も暖房も必要と感じない過ごしやすい日って、一年で何日あるのかな・・・。

子どもの頃は、エアコンなんて使ったことがなかった。
実家も、学校もついていなかった。冬のストーブだけ。

子どものころのように、寒さにも暑さにも強い身体をつくって、
出来るだけ自然のままで生活したいです。健康のため。
もともと私は毎年、夜はエアコンをつけずに寝ます。喉のため。

夏の暑さ対策で、みなさん河口湖や山中湖で1ヶ月過ごすのはいかがですか?
夜、寝苦しいなんて全く感じたことがありません!
窓を開けていると寒いくらいです。

富士山と湖を毎日眺め、美味しい空気とお水、ゆっくりした時間が流れています。
車さえあれば、オススメです!!!

富士河口湖町観光大使の土屋朱帆より♪