茨城へ!

  • 2011/12/17(土) 23:23:54

9:30上野発の「スーパーひたち」に乗って、水戸へ。
今日は、生徒さんであるゆきねちゃんの付き添いでした。

小学校5年生にして、コンサートの出演オファーがあり、
今日と明日の「こもりうたのように」というステキなコンサートに出演です。
佐藤太清先生の日本画と、娘・佐藤雅子先生の詩によるコンサートで、
板橋区民会館でのコンサートの時には私も出演させて頂きました。

今日は水戸市での開催ということで、
主に茨城のソプラノ歌手や、地元合唱団が出演していましたが、
ゆきねちゃんは3曲もソロで、詩人の“佐藤雅子先生”の歌をうたわせて頂きました。
今回のお話は、雅子先生からのオファーで、
「しゅほちゃんの生徒さんのゆきねちゃん、出てくれないかしら・・・」というお電話でした。

私はいいんですか?・・・みたいな、笑。

今日の会場は、茨城総合福祉会館。本番前の楽屋で。


ゆきねちゃんは、今日もお客さんを魅了し、とってもよく歌えました。
明日は、私は浜松でコンサートなので、付き添えないけれど、明日も頑張って!

イタカッタ。。。(あまり読まない方がいいかも)

  • 2011/12/17(土) 00:09:27

1年以上前から、左手の薬指の付け根のところに、
何かグリグリした物体が現れました!

始めはすごく小さくて、全然気にしていなかったけど、
知らぬ間にすこーしずつ大きくなってきて、
見ただけでも“プックリ”がわかるようになってきたし、
しかも、最近はこのグリグリの部分に何かがに当たると痛い時がある!

これ以上大きくなったら困るし、
得体の知れない“グリグリ”がずっとここにあるのも恐いので、
勇気を出して病院へ行ってきました。

そして・・・・今これ。


結局、「ガングリオン」というもので、関節にできる腫瘤だそうです。
注射で中のゼリー状の液体を吸引したんですが、
もうそれはそれは痛くて、
痛すぎてちょっと涙が出ました。。。

「針が太くて痛いけど頑張ってね。この場所は特に痛いかもしれない」
って先生が恐いこと言うから、もうビビりまくり。
ベッドに仰向けになって、天井を見たまま固まりました、私。

注射器で吸いながら、先生がこのグリグリを思いきり外側からグイグイ押すんだもん、泣。
いぃ〜たぁ〜い〜ってば!
って心で思って、顔は泣いていました、きっと。

これでグリグリがなくなったらいいけど、クセになることがあるとかで、
「また出来たら来てください」って言われたけど、ヤダよーだ、笑。
(ウソです、ちゃんと行きます。)

何が衝撃だったって、
注射器で吸い取った液体を、先生が「ほらっ」って、
ジュルジュル〜って、銀色のトレイ?に出して見せてくれて、
これがこの中身だったんだ・・・って言うショック。

針の先からジュルル〜っと、
けっこうな量の透明なジェルが出てきて、
その映像が頭にやきついて、恐い。
きっと今夜、夢に出てきますね、ガングリオン。

なんだか、恐い怪獣の名前みたいだ、ガングリオン。
ガーン、グリグリ。