小学生の可能性は無限!

  • 2012/05/18(金) 02:22:30

今日(17日)は、朝5時に起きて新幹線で浜松へ!
ピアノのけいちゃんと一緒です。
けいちゃんの娘・えみちゃんはお留守番。

静岡県浜松市内の小学校でコンサートでした。
午前中は県居小学校、午後は元城小学校、ともに浜松市の中心地にある小学校でした。
どちらの学校も、全校児童の皆さんが体育館に集まり、
60分のコンサートを一生懸命聴いてくれました。

唱歌や童謡のほか、教科書にも掲載されている金子みすゞの詩による歌、
さらに手話つきの歌をみんなで覚えたり、静岡県にまつわる歌を一緒に歌ったりしました。


手話をしています↑


珍しく青いドレスです。

「みかんの花咲く丘」、これを全校児童の皆さんと一緒に歌いましたが、
この歌を3番まで歌えるのは、さすが静岡のこどもたちです!
とは言っても、これは先生方が“故郷を大切にする心”と
“故郷を知ろうとする意欲”をきちんと育み取り組んでくださっているからですね。
すばらしいことです。


午後の元城小の校長先生と音楽の先生、そして浜松唱歌と童謡を愛する会長の川島さん。
この写真を撮ってくださっているのは、野嶋さん。

小学生は、とにかく何でも本当によく吸収し、そしてぐんぐん成長します。
子どもだから無理・・・などといった心配はいりません。

私も歌の個人レッスンをするとき、小学生だろうと、大人と同じような細かな点の注意をし、
必要であれば大人なみのテクニックを要求します。
難しいかな?とは思いつつ、きっと出来る!と信じて、やってみるようにしています。

誰もがスーパー小学生に!
みんな何か一つでも、どんなことでもいいから、
頑張っていることや自信をもてる特技があるといいですね。
「みんなちがってみんないい〜」


次のコンサートは、月曜日!
今度は幼稚園です♪