東久邇宮記念賞

  • 2006/07/08(土) 13:53:00

昨日、7月7日、東久邇宮記念賞を頂いてきました。

三大宮様賞として
高松宮賞・・・スポーツで優秀だった方を顕彰。
秩父宮賞・・・医療に貢献した方を顕彰。
東久邇宮賞・・発明や知的財産の保護促進に寄与、善事に尽くされた方を顕彰。
と、なっているそうです。
東久邇宮様は昭和天皇の女婿で天皇に最も近い皇族。総理大臣として戦後処理をされた事でも有名。
今までに東久邇宮賞を受賞された方は…
関東自動車?林田社長、大和精工松井社長、アンテナの発明者八木秀次博士、
ロケットの研究者糸川英夫氏、日本チューインガム発明者田中正一社長、
マブチモーターの馬淵健一社長、柳屋金五楼、江戸屋猫八、トヨタ自動車豊田喜一郎社長、
遠藤周作氏、元総理大臣三木武夫氏、竹下登氏、中曽根康弘氏、青島幸男氏・・・等々多数。

なぜ、私がこのような素晴らしい賞を頂けたかと言いますと・・・。
山梨県の木喰上人に由来するもので、人々の幸せ・世界平和を願う「微笑人形」と言う
小さなお人形を作り、全国の老人ホームや、養護施設などにボランティアで送り続けている方がいます。
その普及のためのテーマソング「微笑人形の歌」を童謡作曲家・片山和代さんが作曲なさり、私はそれを歌わせて頂きました。
このお手伝いが、世の平和に貢献していると言う理由から、推薦を受け、受賞させて頂く事となりました。
(一部文章:片山様より)

授賞式には、九州から北海道まで全国各地から134名が集まり、片山さんと一緒に出席しました。
この賞の受賞に、推薦してくださった山梨知的財産教室代表竹内一夫さん、心から感謝申し上げます。
授賞式では “受賞がゴールではなく、スタートです。今日からまた更に発展させて下さい。”
とのお言葉がありました。
身に余る賞を頂いてしまいましたが、今日がまた新たなスタートだと思い、努力していきたいと思います。




はじめまして。。。

こんばんは。そしてはじめまして。。。
微笑人形という名前でここにきました。。。
自分も、竹内一夫さんにはいろいろとお世話になっている1人です。
なんだか。。。お話の内容を読ませていただいて、自分よりもすごいなぁ。。。と思いながら、迷惑かと思ったのですが、コメントさせていただいております。
テーマソングの歌。聞かせていただいています。
本当に。。。すごいとしか言いようがないのですが。。。
自分よりとても貢献されているなぁ。。。と思いました。
自分は詞・又は詩をお送りさせていただいているだけですので。。。
そして、受賞についておめでとうございます。。。
初めて知りました。。。汗 汗
これからも、影ながらですかね? 応援させていただきます。。。
それでは どうもお邪魔いたしました。。。
そして、これからもがんばってください。。。

そらさん

そらさん。
はじめまして。
コメントありがとうございまーす。
竹内さんで、つながるとは、ビックリしています。
詩を書かれているとか?
微笑人形の詩も書かれているのですか?
世界平和の詩かな?
URLが書かれていたので、そらさんのブログに少しだけお邪魔しました。
神戸の学生さんですか?
(答えて下さらなくても大丈夫ですよ。)
私は山梨県出身で、竹内さんと「微笑人形」の録音の時に
初めてお目にかかり、それ以来お世話になっています。
そらさん。私は、何もすごくないですよ。
まだまだです・・・。
もしよかったら、また遊びにきて下さい☆

スメラミコト微笑神人形

新年おめでとうございます。ご活躍は新聞で拝見させて頂いております。今からの子供達に多くの思いを歌を通じてお伝えください。
平和の思い

「スメラミコト」        作詞 竹内 秀秋

一、
  天に翔び立つ  スメラ鳥
  地に根を張った ミコト草
  御代の恵みに  まんまるく
  思いを結び   いつまでも
  雪、月、花の  人生は
  微笑み咲かそう しあわせに

二、
浮かぶ船は   スメラ川
信じてひらく  ミコト花
祈りを捧げて  まんまるく
願を語ろう   しつかりと
五穀を祈ろう  時鳥(ホトトギス)
人生大事に   生きるのさ、生きるのさ

三、
  明日は晴ればれ スメラ星
  はてない光   ミコト宙
  千代に八千代に まんまるく
  愛して行こう  いつまでも
  夢と微笑み   しつかり抱いて
  ああ スメラミコト 栄えあれ

スメラミコト微笑神人形

そらさん兵庫県15歳のメッセージもお伝えします。
そらさんの詩は木喰の里微笑館にも寄贈し、また、世界平和を願い世界192国にネパール王国より発信中です。平和の思い 
「スメラミコト」

人は思い伝える者、そして感じる者
何かをつかもうとする人は考える
 そして温かさを知る
思う心 言う思い 歩みだす
すべての命のもとで
伝え、刻み、願う
「みこと」の心を一つにして
世界へと 立ち 上がれ
時の日々は流れゆく
生きとし生きるもの ある限り
道は 続き行く そして温かさを
身に抱きしめて 自分らしく
人は誰もが一人ではない そう叫びながら
ゆこう、夢の未来へと
「みこと」のように・・・・

微笑人形・竹内さん

美しい歌詞ですね!
竹内さんの大切なメッセージが、ずっしり伝わってきます。

それにしても、精力的に活動なさっていてスゴイ!!
尊敬の域です。

しゅほ

スメラミコトの詩修正です。

土屋様
返信ありがとうございます。
全体を平和の思いのへ、と、詩の49言霊を入れ50音を全部入りました。また、1番に17の先天言霊、(いめりねひしきちいえあおうわを〕を入れ、父韻を多く入れ、みことのみ(思う)、2番は臼(うす)の原理、半母音、みことのこ(言う)、3番は、母音、尊のト(行う)が入り、
後は、曲で1から10のカウントから始まり、詩に入り鈴の音色で終る曲ができれば、スメラミコトが完成します。
多くの方に言葉=バベルの大切さを今年は願います。
4月からは映画バベルも始まり、高校野球では、空船の出陣します。今年は、この詩の意味が紐解かれと思います。
7月7日には、スメラミコト微笑神人形も全国の方にプレゼント予定です。
お体にきおつけられ、スメラミコトのように、歌で伝え続けてください。
平和の思い

「スメラミコト」        作詞 竹内 秀秋

一、
  天に翔び立つ  スメラ鳥
  地に根を張った ミコト草
  御代の恵み   まんまるく
  思う幸せ    声響け
  夢、月、花の  人生は
  人生大事    進むのさ

二、
 浮かぶ船は   スメラ川
 信じてひらく  ミコト花
 祈りを捧げて  まんまるく
 願を語ろう   しつかりと
 五穀を祈り   時鳥(ホトトギス)
 人生大事に   生きるのさ、
 ああ、生きるのさ

三、
  明日は晴ればれ スメラ星
  はてない光   ミコト宙
  千代に八千代に まんまるく
  愛して行こう  いつまでも
  夢と微笑み   ぬくもり抱いて
  あー スメラミコト 栄えあれ

お山の子守唄、童謡歌募集中!!

土屋様
お久しぶりです。
微笑人形です。
今年も後半年、今年の私の新作「スメラミコト微笑神人形」思う、伝える、行う、微笑、四つの言葉が多くの方が歌われています。
長渕剛さん、「太陽の船」、小田和正さん「ダイジョウブ」NHK朝「どんど晴れ」、谷村新司[RIVER FOR LIFE]
本多ルル「地球兄弟」、ナナムジカ「そら」
聞いて見て頂くと、微笑人形の思いのような詩です。
皆さんの思いを微笑人形は、伝えています。
来年は、父、母、恋、鈴、微笑、5つのキーワードです。
童謡普及に頑張りましょう!!

++++++++++++++++++++++++++
来年「お山の子守り唄、微笑神人形」プレゼントに伴い
山梨知的財産教室では、この度、武内つなよし 氏、原作「赤胴鈴之助」
脚本、竹内勇太郎(山梨)氏で挿入歌としまして、唄 吉永小百合さん
作詞 竹内秀秋(山梨)氏、 作曲 西出次郎 氏(森永乳業の歌など)
「お山の子守唄」が歌われました。
そこで、
当時の詩をお手本として、今風の言葉で皆さんにアレンジして頂き、
新しい童謡、(現代版)の唄が出来たらと思います。
上位3名には、オリジナル「お山の子守唄微笑神人形」をプレゼント致します。
使う言葉「父、母、鈴、恋」言語(英語、その他はとはない)父、母はニックネームでもよい。
お山は富士山をイメージして下さい。締め切り S19,12月末
作品は、来年甲府で展示、微笑神人形のプレゼントといっしょにプレゼント予定です。
また、歌にもできればと考えています。
プレゼント予定場所、平和ミュージアムS20,5・26から、静岡新聞社パルジェS21、1、1から
原作
「お山の子守唄」作詞 竹内秀秋、作曲 西出次郎、唄 吉永小百合
ねんねんしなされ ねんころよ
ねんねんお山の 子うさぎは
なあぜにお目目が赤いだろう
父さん母さん 恋しさに
月夜にひとりで 泣くばかり
ねんねんしなされ ねんころよ
泣けばお山の おおかみが
あーかいお目目をたべにくる
父さんは母さん 恋しさに
さらさらすすきも 泣くばかり
ねんねんしなされねんころよ
ねんねんお山に風荒れりや
紅がらとんぼも 子うさぎも
父さん、母さん、恋しさに
みんなちりじり 泣くばかり
例、
「お山の子守唄」   作詞 竹内一夫

パパ、ママ、ママパパ、パパママ
微笑む二人が恋して
鈴の音色がこだまする。
パパの力と、ママの愛
瞳を輝き,眠る時
ママの歌がこだまする。
愛する心の思いでは
お山をこえて星になる
パパ、ママ、ママパパ、パパママ

+++++++++++++++++++++++++
作品送り先
400−0803
山梨県甲府市桜井町277−1

山梨知的財産教室 代表 竹内 一夫
090−8805−7815

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する