地元の友達

  • 2006/11/18(土) 17:55:24

『秋の夕日に照る山もみじ、濃いも薄いも数ある中に、
松を彩る楓や蔦は、山の麓の裾模様〜♪』
『真っ赤だな、真っ赤だな、蔦の葉っぱが真っ赤だな、
紅葉の葉っぱも真っ赤だな〜♪』
まさに、そんな景色を目にして、つい口ずさんでしまう季節ですね。

結婚式の聖歌隊のお仕事のため、2泊3日で山梨の実家に帰ってきています。
ほんっとに寒いです。朝の気温は、5度とか・・・。
昨日の夜は、毛布と羽毛布団と綿布団をかけて、マスクをしたまま寝ました。
昼間もコタツから出られないです。

山梨に帰ってくると、いつも会う友達がいます。
小・中学校からの友達で、一人は家から50メートル位の近所に住んでいます。
最近はあまりしませんが、大声を出せばお互いの家の窓から会話が出来るので、
「みーちゃーん!今日何時にするー?」
「今から買い物行くから、6時に会館ねー」などと、叫んでいた事もあります。
電話もメールも使わずに、話せるなんてすごい便利。
いつも3人で、ご飯を食べて、ずーっとずーっと喋っています。
たとえ3ヶ月ぶりに会っても、まるで昨日も一緒だったような普通さがすごく心地いいです。
多分私たちは「久しぶり〜」なんて言ったことがない気がします。
山梨でのコンサートの時も、いつも聴きに来てくれて、心強い友達です。
今日も今から、行ってきます。
あっ、今日はいつもの3人に加えて、もう1人いるので、4人で行ってきまーす!!
(つーくんへ…今回はつーくんのお店には行けないので、また次の機会にお邪魔しまーす。ゴメンネ)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する