上野発の〜鳥取♪

  • 2010/04/19(月) 23:39:38

土曜は、上野の『奏楽堂』で「リラの会」メンバーズコンサートでした。
今回のコンサートは全曲、木下牧子さんの作品。
先生が選んでくださった難難難曲をひぃひぃしながら、歌いました。

コンサート一週間前のレッスンで先生に大笑いされました。
「本番前にこんなに余裕のないしゅほは初めてみた。面白いねー」と・・・。

確かに。。。
音も、リズムも、伴奏も、内容も、複雑で難しくて、
何より、高い音が続くから、身体が疲れる!
レッスンで「歌うって、体力いるんですね〜」って、つい言ってしまった程です。

まぁ、でもでも、私ほんとに真剣に取り組みました。
一音ずつ、一小節ずつ、一言ずつ、一文ずつ、よく考えて研究して練習しました。
本番の出来は、自分としては60点くらいかな。低い・・・。
まだまだ勉強する余地あり。嬉しいことでもあります。

私の出番は、トップバッターの17:30〜17:40。
終わり次第、超ダッシュで着替えと片付けをし、
聴きに来てくれていたピアノのけいちゃんと共に会場を17:55には出ました。
そして二人で、上野→羽田空港へ移動し、最終便で鳥取へ。
ふぅ〜。


日曜は鳥取市のわらべ館の『いべんとほーる』で
11:00〜と、14:00〜の2回コンサートでした。
午前は子ども向け、午後は大人向けだったので、プログラムをぜーんぶ変えて歌いました。
その数なんと合わせて32曲!!!
もちろん全部暗譜だし、合間に解説やお話も入れつつです。
時には踊ったり?しながら、笑。

いべんとほーる

童謡・唱歌のミュージアムであるわらべ館で、歌う機会を頂き、とーっても光栄でした。
鳥取は童謡や唱歌との関わりの深い町。
お客さんも、日頃から歌に親しみながら生活しているのでしょうね。

お忙しい中かけつけて下さった竹内鳥取市長さんと。


それにしても・・・
土曜の10分と、日曜の50分×2ステージ。
歌う曲も、お客さんの雰囲気も、自分の気持ちも、全く違う2日間のステージ。
一晩で頭を入れ替えて、自分でもよくやったなと思います。
歌うって楽しい♪


そして月曜(今日)は、観光をして帰ってきました。
鳥取にもお父さんお母さんが出来ました。
でもこのお二人は夫婦ではありません。
あ、別に複雑な関係ではありません。
3日間ずっとお世話して下さり、ありがとうございました!

宇部神社


砂丘

また、わらべ館で歌いた〜い☆です。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する