歌は心のふるさと

  • 2010/10/26(火) 02:22:05

今日(25日)は、地元の老人施設でのコンサートでした。
このコンサートは、地元の名士さんたちがメンバーの「光友倶楽部」と
「NPO法人フジヤマフォーラム」の皆さんからのプレゼントとして行われたコンサートです。
今までは、福祉のために役立ててもらえるものやお金を寄付していたそうですが、
今回は、“文化的で、お年寄りの方々の心に響くものを・・・”ということで、
『土屋朱帆のコンサート』をさせて頂くことになりました。

地元のピアニスト・美緒ちゃんと一緒に
10時〜は富士吉田市内(東町)の施設、
14時〜は富士河口湖町(鳴沢)の施設へ行きました。

最初から最後までずっと涙を流しながら聴いて下さったり、
どの曲もずーっと一緒に口ずさんで下さったり、
皆さん本当に集中して一生懸命聴いて下さいました。

こんなに喜んでもらえるなんて!!!
と、こちらがビックリする程、おじいちゃんおばあちゃんは大喜びして下さいました。
「歌をうたっていてよかった」・・・そんな気持ちになる1日でした。

おじいちゃんやおばあちゃんたちと、唱歌や童謡を通して心で会話できたようでした。
同じ時代を生きたわけではないけど、歌を通して同じ気持ちになれた気がします。

車で午後の施設に向かう途中、富士吉田警察署の近くの信号待ちで撮った富士山。
非常に勇気ある1枚!



夕方東京に戻り、そのままけいちゃんのお家に遊びに行きました。
・・・と言うか、うちのお母さんが「けいちゃんと旦那さんのために」と
炊き込みご飯や煮物、酢の物、グラタン、アップルパイ等
あれこれご飯を作ったので、それを私が届けたのです。
届けた私も一緒になって3人でご飯を食べて帰ってきましたー。

楽しかった〜♪美味しかった〜♪

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する