いろいろ写真・・・

  • 2011/04/18(月) 23:43:18

富士吉田のある場所に、こんな看板があります、笑。
探してみてください。

じゃじゃん!




山中湖の冬の風物詩「ワカサギ」です!大量!

フライにして、熱々のところをサクッと・・・美味しすぎ!



富士河口湖町の小池酒店のおばちゃんの絵手紙がとても温かいです。
趣味で始めた絵手紙、今ではワインのラベルを書いてお店で販売したり、
西湖にある“いやしの里”で絵手紙教室もなさっています。
おばちゃんに非売品の絵手紙集をプレゼントしてもらったので、一部ご紹介。
おばちゃんに許可をもらいました。



ぜひ小池酒店に遊びに行ってください!



いつもお世話になってる甲府の桜林先生がプレゼントして下さった水晶のブレスレット。

こんなにカラフルで可愛い水晶初めて見ました。
春色、わたし色♪
「元気が出るよ」って。嬉しいプレゼントでした!

そういえば,河口湖の近くのスキー場,ジーンズで滑った記憶があるんです。車もスタッドレスを履いた記憶はありません。北海道のスキー場に比べるとずいぶん暖かかったような。
どこでもそうなんですが,ちびっ子スキーヤーたちの恐さを知らないあの滑りには驚かされます。というか,とにかく上手なんです。感覚で滑ってますね,彼らは。

最近は,温暖化と湖水のにごりで凍結しにくくなったと聞きましたが,今でも山中湖で氷上ワカサギ釣りできるんでしょうか?

私は,あんなちっちゃい竿で寒い中頑張るのはちょっと遠慮ですけど,フライにしたら,多分一番おいしんじゃないかなと思います。

学生時代,図書館で借りた本で星野富弘さんの絵を見たときは衝撃でした。おばちゃんの絵も優しさがあふれてますね。

「わたし色」って朱色のことですね。「朱」って色は,なんと奥ゆかしく,やさしい赤なんだろう。

保母さんの子さま

夜更かしですね〜、お互い。。。

いつもコメントありがとうございます!
山中湖は、今ではもうほとんど凍結しません。
昔より気温も上がっているのも一つの理由だと思います。
といっても、マイナス10度とかです、今も。
昼間も氷点下のままだったりするヒドイ寒さです。

ワカサギは舟から釣っているのだと思います。
ワカサギをいつも下さる方に、今度ちゃんと聞いておきます。

星野富弘さんの美術館、行ってみたいんですよね〜。
最近、星野さんの詩に、曲がついています。
何度か歌を聴いたことがあります。
とっても素敵な詩と、絵ですよね。
優しいのに、生命力があって、時間の流れが別世界のように感じます。

わたし色は・・・、確かに朱色ですね!
自分でも無意識でした、汗。
(神社が似合うと、学生さんに言われたのは名前の印象からかな・・・て今思いました)

パーソナルカラーってご存知ですか?
春、夏、秋、冬に分類されているのですが、
私は一瞬で「ザ・スプリングな人です!間違いなく!」といわれ、
春のパステル・暖色がわたし色なイメージです。

あらま!

朱帆さんのお名前が……何て素敵な看板っ!!
まさに有名人ですねo(>_<)o

そういやワタクシの家の近所に、「日本一まずい店」というパンチの効いた看板の居酒屋があります。
白地に黒の勇ましい筆字で書かれているので、ある意味気合が入っております。

  • 投稿者: -
  • URL
  • 2011/04/19(火) 06:57:33
  • [編集]

あれ!?

↑何故か名前が未入力になっていました……サーバインでしたm(__)m

  • 投稿者: -
  • URL
  • 2011/04/19(火) 21:57:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する