童謡祭に出演しました。

  • 2007/09/09(日) 03:28:53

今日(8日)は「第30回 童謡祭・新作展」でした。
これは(社)日本童謡協会が主催となって、1年に1度開催されているコンサートです。
協会会員の作詞・作曲家による今年の新作童謡を、童謡歌手が演奏するのです。
初めて出演した昨年は、とにかくわけがわからず、やたらと緊張して、混乱して、
不安いっぱいのままステージに立ったのを覚えています。
今年は、それに比べれば落ち着いて出来ました。
ただ、作詞作曲家の前で、その方たちの作品を歌うのはやっぱり緊張します。
それから、この童謡祭のお客様は雰囲気からして大の童謡好き!と言うのが伝わってきます。
だからこそ、視線が熱いと言うか、聴く方も一生懸命なんですね。
私は「夢を食べるバクさん」「くもがいく」「またきてね」を演奏させて頂きました。
作詞作曲家の方、素敵な作品をありがとうございました。

普段コンサートをするときは、割と一人でステージに立ったり、多くても4人くらいですが、
童謡祭は、童謡歌手が勢ぞろいするので、迫力もあり、私の緊張感も増します(汗)
でも、舞台裏やリハ室はかなり賑やかで楽しかったです。
何てったって、12時から1時過ぎまでリハーサルをして、本番は6時からでしたから、
待ち時間は、おしゃべりタイムでした。
他の先輩歌手の方々といろいろお話できるのは、コンサートの楽しみの一つ。
終演後の打ち上げにも参加して、一日があっという間に過ぎました。
皆さんお疲れ様でした。

あ、もうこんな時間。寝まーす☆

一緒にロシアへ行きませんか!?

  • 2007/09/05(水) 01:25:37

H.I.S.の『音楽と芸術の旅 サンクトペテルブルグ7日間ツアー』の詳細がこちらに!
http://www.his-j.com/tyo/group/event/hermitage/
「日露国際芸術祭」で3日間歌います!
申し込み締め切り迫る!9/10まで。


それからもう一つツアーが!
童謡館東京主催『紅葉狩りコンサートツアー』
日にち:2007年10月29日(月)
集合:練馬駅(西武池袋線)8時
コース:山梨県の河口湖と西湖
?西湖いやしの里(茅葺き屋根の集落・古き日本の風景の再現施設)
?UKAIオルゴールの森(ここでワインビーフランチ)
?河口湖もみじ祭り(季節限定のイベント)
?紙わらべの蔵(和紙人形で甦るあの頃・・・)
 ここのエントランスで「土屋朱帆ミニコンサート」
参加費:10,000円
解散:練馬駅にて18時頃の予定

私は山梨でみなさんの到着をお待ちしていますヨ。
その後練馬に帰るまで、ずっと行程に同行させて頂きまーす♪
申し込み:日本国際童謡館東京 事務局 03−3926−2111(片山)


市ヶ谷にて。

  • 2007/09/05(水) 01:13:49

昨日、ルーテル市ヶ谷にて、土屋朱帆の「ほっとコンサート」の東京公演が無事終了しました。
昨年に続き、東京でのコンサート開催は2度目。
今回もオール日本の歌でしたが、日本の歌の中でも、いろんなジャンルや曲調のものを集めてみました。
日本の歌百選・おもしろ日本歌曲・歌謡曲・新しい童謡など。
いかがでしたでしょうか?
(え?やっぱり坂爪さんのカンツォーネが聴きたい?・・・それはまた次回!)

いろんな方が助けてくださって、感謝の想いいっぱいでステージに立ちました。
いつもそうですが、温かいお客様の雰囲気に救われています。
そして出演者の坂爪さん、横山さん、森山さんにも一緒に楽しいステージを作って頂き、感謝感謝です。
まだあと2回ありますので、よろしくお願いしますねん。
袖でお手伝いしてくれた里奈ちゃん、桃ちゃんもありがとう!
途中ライトが消えてウケたよ(汗)いい演出だったよ。
主催してくださった会社の方々、受付でお手伝いをして下さった方々、ありがとうございました。
また今回、私が出会えた作曲家の作品も一曲ずつですが、歌わせて頂きました。
これが一番ドキドキしましたね。
好きな曲ばかり、私の独断で選ばせて頂きました。ありがとうございました。
そしてそして、会場にお運びくださったたくさんのお客様、ありがとうございました。

今回もおかげさまで満席に近いお客様で、熱気ムンムンでした。
会場内がとても暑かったと思います。
・・・と言うのも、実は、開演直前に冷房を切りました。スミマセン。
これには事情がありまして、あの会場は冷房を入れると、演奏者に冷風が直撃するんです。
特に歌っている人は、正面を向いていますので、息を吸う度に冷たい空気が喉に入り込んで、とてもつらい。
実はこう言う訳があって、演奏中は冷房を切らせて頂きました。
ごめんなさい。
お客さんがパタパタとプログラムで仰いでいるのを見て、心苦しかったので今ここでお詫びします。
来年は、もう少し涼しくなった頃を見計らってコンサートをしようと思いました。

コンサートが終わって、メールや電話で嬉しいお言葉を頂き、お客さんの喜びの声に励まされ、
そして、いろんな感想や意見、アドバイスを有り難く受け止めています。
そう言うのが一番の励みです。原動力です。
お客さんがいてくれないと、歌う意味も無いし、“人”のありがたみを感じずにはいられない職業です。
これからも頑張ります!自分の歌と自分自身を磨きます!!

富士登山の打ち上げ

  • 2007/09/01(土) 02:48:54

30日の夜は、8月1日〜2日の富士登山の打ち上げでした。
すっごぉーーーーーーぅい楽しかった!!
テーブルにズラリと並んだ美味しい手料理と、
飲みきれないほどのお酒と、
最高に楽しいメンバーで、最初から最後まで大騒ぎ。
富士登山の写真をテレビにスライドショーをして、
メンバーの一人が作ってくれたミーティング〜登山のDVDを見て、
いろいろ思い出しては感動してみたり、変顔に爆笑してみたり。
その後、初めてのカードゲーム?をして、
ぎゃーぎゃ−盛り上がって、いきなり23時に解散しました(汗)
さよならも言えないくらいの勢いで、いきなりの解散。
なんかよくわからないうちに終わってました。
またあそぼー♪
とりあえず来年も登るから、よろしく☆

名前はしゅほです。

  • 2007/09/01(土) 01:07:02

私の名前は「土屋朱帆」です。
「つちやしゅほ」と読みます。
本名かとよく聞かれますが、本名です。
それから、よく“しほさん”とか“みほさん”とか言われますが、“しゅほさん”です(笑)

毎月、NTTからの電話料金の明細書は「土屋朱穂」の宛名で、
水道料金の明細書や領収書は「土屋主帆」の宛名できてます。
ややこしい名前ですが、どうぞ覚えてください。

音楽活動をする上で、“名前だけでもひらがなにして「土屋しゅほ」にしたら?”と、よく言われます。
特に私は、こどもの歌を歌っているし、歌のお姉さんはよくひらがなを使いますものね。
確かにそうかもしれませんが、でも私は「朱帆」が気に入っているので、これでいいんです。

電話で説明する時は「朱肉の朱」に「帆立の帆」です!と言います。
いつも笑われますが、これが一番伝わりやすいようです。